タバコの口臭の予防方法

私も以前タバコを吸っていたのですがタバコの匂いというのは知っている人はもちろん周りの人もとても気になるものです。

特にタバコの匂いは吸ってない人からするとその匂いはとても不快に思うものなので、もしあなたが日本についてエチケットを求めているのであればタバコがいかに相手に臭うか、そしてこのタバコがどのようにすればその臭いを抑えるかをこのページで説明していきたいと思います。

タバコの臭いの原因

まずタバコの匂いについてですが、口の中のタバコの臭いは歯磨きを一回した程度では落ちません 。

おそらく喫煙者の場合はその臭いは防げるかもしれませんが、タバコを吸ってない人と話す場合タバコを吸ってない人はその臭いに慣れていないため、たとえあなたが煙草を吸った後に歯を磨いていたとしてもおそらく相手の非喫煙者はあなたのタバコの臭いをきっと察知するでしょう。

そしてその相手がタバコが嫌いな場合、あなたにとって相手はあまり良いイメージを持っていないかもしれません。

なぜタバコの臭いがこんなに臭いかと言うと、タバコの煙の中にはニコチンやタールが含まれています。

このニコチンやタール は タバコ特有の匂いを分泌させます。

さらにこのタバコの匂いが体内に入って食べ物と混じることによって「アセトン臭」と言う ものが腐ったような臭いが発生します。

このアセトン臭は糖尿病や肥満症など太っている人が よく発生すると言われています。

煙草と歯周病の関連

またタバコを吸っている人はタバコを吸っていない人に比べて歯周病になるリスクが高いと言われています。

その理由は、タバコを吸うことによって 毛細血管が収縮されてしまい、血液の流れが悪くなりその結果、肺にある毛細血管に血液が回らず、結果歯肉炎になってしまいます。

この歯肉炎をそのまま放置すると やがて歯茎から出血をしてしまい、歯周病独特の鼻の穴にまとわりつくあの嫌な臭いを放ちます。

さらにこの歯周病の匂いとタバコのタールやニコチンそして靴の中にある各種雑菌食べ残しの匂いが混じり合うことによってより一層口臭がひどくなってしまうのです。

ちなみに歯周病は タバコを吸っている人はタバコを吸っていない人に比べて 5倍以上罹患してしまうというデータがあります。

また歯周病はタバコを吸っている人は自覚がない可能性が高いです。

理由は歯周病は痛みがないからです。

さらにタバコを吸っている人はベロの上が 白くなりやすいです。この舌苔、ベロの上にできる垢のことを絶対と言います。

この舌苔はタバコを吸うとよりこびりつきやすいと言われています。

理由はタバコを吸うときに口から呼吸するためです。

口呼吸をすることによって口の中が乾燥してしまいます。

本来口は唾液によって常に悪い菌は流されているのです。

口呼吸のとする時に、タバコの煙によって口の中が乾燥してしまいます。

さらにタバコの煙が乾燥されることによって舌の上にこびりつきます。

このこびりついた中身にはタールやニコチンなど有害物質が含まれておりこの有害物質は悪臭を放ってしまいます。

このようにタバコを吸う人にとっては講習は基本発生するものと考えるべきです。

この口臭を防ぐためにはゴッソトリノなど歯の汚れを徹底的に落としてくれるようなものを使用することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です